Menu

デイサービスで重要な役割を担う事務職

デイサービスで働いている事務職の仕事内容は多岐に渡っており、事業所によって異なります。
就職先の事業所の方針や人員配置状況を十分に確認して就職しなければ、本来の事務作業だけでなく、利用者の生活支援にも従事する事態に陥る可能性があります。事務作業に専念できない不甲斐なさや焦燥感を抱いている事務職は少なくありません。
最も重要な仕事は、介護報酬請求業務であり、介護報酬を請求する書類を作成して、介護保険サービスの9割を国に支払ってもらう一連の作業を事務職が担っています。毎月10日までに利用者個々のサービス内容を記入した書類を国民健康保険連合会に提出することによって、介護報酬の入金手続きが行われます。期日厳守であると同時に、介護給付明細書に記入ミスが多いと、介護報酬の入金額が減額されてしまいます。明細書の作成が滞りなく行われなければ、事業所の資金繰りに影響を与えかねません。
一昔前までは、手書きで明細書が作成されていましたが、近年では介護ソフトを導入したパソコンを利用しているケースが一般的です。デイサービスの事務職には、介護保険制度に関する専門知識と共に、パソコンを扱うスキルが欠かせません。
介護サービスのニーズの高まりに伴って、ケアマネジャーが多忙を極めているので、事務職がケアマネジャーの介護計画作成業務をサポートする機会が増えつつあります。その他、窓口や人事、総務が仕事内容に含まれており、デイサービスの裏方として重要な役割を果たしています。