Menu

資格があった方がいい

高齢化社会が進む中で、介護施設や介護サービスはますます多様化しています。
特に、デイサービスと呼ばれる通所介護は各家庭の介護コストを比較的低く抑えることができるサービスとして、市場規模が最も大きい分野となりつつあります。
ではまず、通所介護、通称デイサービスとはどのようなサービスのことを指すのでしょうか。
通所介護とは、デイサービスセンターなどの通所介護施設で、利用者が日帰りで介護サービスを受けることを言います。食事から入浴といった日常生活支援や身体機能や口腔機能のリハビリテーション、そしてレクリエーションを主に行っています。
デイサービスで働いている介護スタッフの仕事内容は、食事介助、入浴介助、排泄介助からおむつ交換や着替えの介助、レクリエーションの運営を行ったり、利用者の話し相手になることがメインになっています。デイサービスでは、レクリエーションを行う時間が多かったり、利用者と話をする時間が多いので、コミュニケーション能力や親しみやすさといった点が非常に重視されると言えます。
一般的にデイサービスには介護度の低い高齢者の方が通っているため、介護スキルよりも会話力などが求められるようです。介護保険制度上では、デイサービスのスタッフに資格は必要がないため、無資格無経験でも働くことができる施設はあります。ですが、仕事内容は介護職員初任者研修と同等のものになってきますので、デイサービスで働きたいなら資格を取ったうえで働くほうが業務がスムーズにいくことでしょう。